営業担当者の負担が軽くなる

営業担当者の主な仕事は、顧客との商談や対応などです。しかし、それと併せて多くの企業では、社内業務や報告書の作成なども行なわなければなりません。やることが多すぎて、疲弊している営業担当者も多いでしょう。

SFAを導入することで、そのような忙しい営業担当者の悩みを解決できます。通常なら、顧客のところを回って帰社してから、営業報告書を作成するでしょう。そのため、どうしても残業をせざるを得ないことも多いです。

その点、「NICE営業物語」などのSFAを活用すれば、外回りの途中で時間が空いたときなどに、スマートフォンを使って営業報告書を作成することができます。そのために必要なデータの閲覧なども簡単に行えるので便利です。

帰社してから営業報告書を作成することがなくなるため、営業担当者の負担を軽減することができて、残業時間の削減にもつながるしょう。その分の労力を顧客との交渉や対応などに注ぐことができるため、営業力アップにつながります。

商談や顧客対応も効率良くできる

営業担当者は、いくつもの顧客の対応を並行して行うのが一般的です。1日で何社も回ることも珍しくありません。

そのため、顧客のところへ足を運ぶ前に、前回の訪問時にどのようなことを話したのか、どこまで話が進んでいるのかよく確認しておかなければなりません。確認不足のことや忘れていたことなどがあると、信用を大きく損ねてしまうこともあります。

通常は前回の営業報告書を見てみたり、自分でメモしたものを見てみたりして確認するでしょう。しかし、それだとあまり効率的ではありません。見落としなども出てくるでしょう。

SFAを使うことで、過去の商談内容を簡単に確認できます。自分でメモする場合と違って漏れなどもありません。スマートフォンからデータを参照できるため移動中の時間を有効に使えるのもメリットです。

SFAによっては、必要な情報のみを集めて表示させることができる機能なども備わっています。1つ1つの作業にかかる時間が短縮できて業務効率アップにつながります。