Search
Search Menu

成果報酬型のメリット・デメリット

成果報酬型のメリット・デメリット

クライアントから見れば、成果のあるなしに関わらず費用を払うよりも、成果が出た場合にのみ費用を払う方が、特に初回の取引の場合重視される傾向にあります。その為最近、営業代行会社の中で、成果報酬制を提案する企業が増えてきているようです。
とはいっても、同じく「成果報酬制」を掲げていたとしても、「売上ベースの成果報酬制」と「アポイントベースの完全成果報酬制」とがありますので、違いを良く考えてみる必要があります。
まず、売上ベースの報酬制ですが、最もニーズのある方式で、「売上が上がれば、その何割かをお支払致します」というような内容です。 上手く循環できればクライアントにとって非常に良いシステムですが、 現実はなかなか良い結果が出ていないようです。理由としては考えられるのは、次の2点。1点目は、「売れない」と判断されると、営業活動をして貰えないという事があります。2点目は、例え売れていても「企業リスクが大きい」という点です。

営業代行でも積極的に

さて。「アポイントベースの成果報酬制」とはどんなものでしょうか? テレアポ代行会社では、最近この方式が増えているようですが、どんな方式でもそうであるようにデメリットが存在します。一度でも新規開拓営業をしたことがあれば経験するでしょうが、「見込の低い案件」というのは存在します。どれだけ素晴らしい営業代行会社でも、これを0にする事はなかなか難しいので、ある程度は許容範囲として受け入れる必要があるのが現実です。
しかし、成果報酬代行に依頼した場合、この率がどうしても高くなる傾向にあります。これらのアポイントを設定しているテレアポスタッフは、日々営業トークを磨いていますので、「断りにくかったので」アポを入れた。そんなケースも出てきます。それでも費用分としてカウントされます。
いずれの方法も、「成果報酬型だから全部任せておけば安心」 という事は決してありません。むしろ、積極的に関わりあう姿勢が必要です。