Search
Search Menu

営業代行の費用対効果

どうしたら費用対効果は合うか

費用対効果は合うかを営業代行企業とよく相談

営業代行の成功報酬型にしろ、成果報酬型にしろ、「結果」に対してのみ報酬が支払われる仕組みですから、「報酬は支払ったのに結果はゼロ」ということは避けられることになります。

一見、良いことだけのようにも思えますが、デメリットも存在します。結果はゼロでないにしても、「費用対効果は見合っているか」ということです。

営業代行業者も企業ですから、利益のないことはしません。獲得した成果に対しての単価が高かったという設定がよくされていますから、注意が必要でしょう。

もし、結果が出ないとすると、ズルズルやっていても意味がないでしょう。それらを考えた場合、費用対効果は見合っていないことになり、結局は固定報酬型のほうが安くできたということにもなりかねないのです。

もちろん、短期間で期限を切って、結果が出ればそれに越したことはありませんので、ローコストになる可能性もあり、メリットではありますが、どの型で選択をすることがベターなのか営業代行企業とよく相談をしてから、納得できる方法と企業で第一歩を踏み出すことをおすすめします。

特に初めて営業代行企業を選ぶ時、慎重に検討

質の悪い営業代行企業の話で、「成功報酬型で、固定費だけ取られた」ということがあります。

「初期費用、月額運営費用、アポイント運営費用、訪問営業代行費用一切無料」として、後から高額な報酬を取られるのも問題ですが、最初に固定費用がかかるといわれて、結局、何もしないという、詐欺まがいの行為が問題視されている事例も実際にあるのです。

また、最初から「○ヵ月以上の契約が必要」という契約で前金を支払ったのに、希薄な営業活動報告書しか出てこないなどというケースもあります。このような営業代行企業に引っかかってしまうと、「費用対効果はまったく合っていない」ことになります。

ヘタをすると、訴訟費用にまでコストをかけなければならない事態ですから、初めて営業代行企業を選ぶ場合は、慎重に検討しなければならないでしょう。