Search
Search Menu

営業代行とは

セールスアウトソーシング」「営業アウトソーシング」「営業支援」「営業外注」などと呼ばれる「営業代行」とは、企業の営業部門の一部または全部を外部の「営業代行会社」に代行させることです。営業活動のプロセスであるアポ取りに訪問、契約(クロージング)、アフターサービスの一部または全部を営業代行会社に代行させるわけです。最近では企業の分業化が進み、従来タブーとされていた顧客窓口である営業もアウトソーシングの対象として根付いてきたようです。
営業代行は短期間に成果を出すことを目的に、マーケット調査も含めて依頼企業のニーズ・商品・営業戦略などに合わせて、少人数から多人数までプロフェッショナルな営業部隊を動かせるのが魅力のひとつです。完全成功報酬型の営業代行会社がほとんどのため、代行会社も成果をあげるべく依頼企業と同等の高いモラルと意識を持ち、全面的な営業支援とバックアップをすることが可能となります。

深い人脈とパイプ

販路の開拓やキーマンとの接触を行うには、商品やサービスをピンポイントでアプローチできるかどうかがとても重要ではないでしょうか? 営業代行会社の営業マンの中には、永年、大手金融機関や大手メーカーの営業第一線で活躍した経験を持っている人も多く、そこで築いた大手企業との深い人脈とパイプを生かしたアプローチをすることが可能です。独自の豊富なデータと経験による営業戦略は、それまで依頼企業がターゲットにできなかった顧客層の開拓や深化を実現することができます。
さらに、営業代行支援後の販売支援ノウハウをフィードバックし、営業力の標準化を図ることもできます。成約後は依頼企業が単独で、重要顧客に定期訪問、アフターフォロー、その後の商材提案ができるような営業推進ノウハウの提供と人的関係も含めた引継ぎをも、サービスに含む営業代行会社があります。使用したマーケティングデータがフィードバックされれば、自社の財産として活用できます。